タグ別アーカイブ: mehndi

ブラッケンハイム滞在の総括

2019/6/19

概要

こんばんは。
5月4日(土)から6月6日(金)まで
ブラッケンハイムに滞在していました。
おかげさまで
怪我なく無事帰国。
強いて云っても
風邪をひいて2~3日寝こんだ程度。
帰国して
ひと息つきましたので
1ヶ月余の滞在を振りかえってみます。

格差のない社会

ゲスト向けの建物がありまして
そこに10人程度が寝泊まりしていました。
少人数ですが
「社会」と表現いたします。
構成しているメンバーの中に
「ボス」も「リーダー」もいません。
全員平等です。
各ゲストに個室あるいは相部屋が与えられて
寝泊りをします。
パンや食材の保管所がありまして
中のものは自由に食べてかまいません。
「住」「食」の次は「衣」。
共有の洗濯機があるのはもちろん
農作業用の衣類まで
用意してありまして
自由に着ることができます。
そこまで平等なのです。


両替をしにバスに乗っていった街の
歴史ありげな教会

報酬も罰もなく

次に強調したいのがこちら。
ホストから金銭的な報酬はありません。
ここまでは事前の約束の通り。
加えて罰(ペナルティ)もありません。
各メンバーには「日々の業務」が
与えられるのですが
少しぐらい手を抜いたり
やるべき業務をサボっても
注意されません。
けれども
どんな人が担当でも
「特にやるべき重要な業務」は
きちんとこなされていました。
「重要なことは何か?」
……と周囲を察する判断は
きっちりされていたのが印象的でした。
話は跳びますが
信賞必罰な組織といえば
軍隊です。
人の生き死にがかかっているのですから
当然なのですが。
軍隊では
新兵を徹底的に罵倒して教育します。
ブラッケンハイムのメンバーは
大きく異なっていました。
ボランティア同士がお互いに助けあいます。
上下関係はもちろん
罰や報酬もありませんでした。


シュトゥットガルト中央駅周辺から観た景色
建設用のクレーンが観えます

代わりにあったもの

罰のない状況では
どんどん手を抜いていきそうで
心配になるかもしれません。
大丈夫。
自制して
締めるべきところは締めて働いていました。
多くの職場は
(少なくても小鳥遊が属してきたものは)
お金はもらえましたが
自主的に貢献することは
ほぼありません。
逆にブラッケンハイムの滞在中は
組織への愛だったり
お互いへの敬意で
積極的に助けあっていました。
おかげで楽しく快適に過ごせました。

詳細を知りたい読者の方へ

来る7月7日(日)に開催されます
DAF ゲートウェイ15 ~出演者オーディション~ にて
小鳥遊は講演をします。
お申し込みはこちら。
ぜひお越しくださいませ。
なお
期間限定で皆さまからの前にて
ドイツ滞在に関する質問を受けつけます。
下記の Facebook ページあるいは
Instagram 経由で
ご連絡くださいませ。
どうぞよろしくお願いします。

*   *   *
Facebook ページ あります。

ぜひ投票をお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
最後までご笑読いただき
ありがとうございました。
小鳥遊 汐里 拝

3週目によせて

2019/5/25

おはよようございます。
小鳥遊汐里(たかなし・しおり)です。
ドイツ南部に位置するブロッケンハイムに来て
早いもので3週間が経ちました。
いろいろと考えたことを記載します。

来たばかりの頃

ブラッケンハイムに来て
共同生活を始めたばかりの頃
正直すごく辛かったです。
辛さを軽減しようとインターネットに
頼ることを決意。
現状に似ている単語「留学」と入力した途端
次に「辛い」という単語が出てきました。
「この辛さを味わっている人は
けっこう多いんだ」
……と安堵したのを覚えています。

考え方や言葉が違っていたとしても
挨拶やアプローチをされて
悪い気分になる人はいない。
積極的に話しかけるべし。

共同生活をしている8人に
日本から来た人(「アジア圏から来た人」でさえ)
ひとりしかいなかったこと。
日本が興味を持たれていることから
ラーメンズの日本文化を紹介する動画を
ご紹介しました。
英語の字幕もついています。

大ウケでした。

台南での滞在と比べて

同様の手段で
昨年末にも台南に滞在していました。
その時と比べてみましょう。
台南ではホステルの壁に
「絵」を描いていました。
その時の動画はこちら。

ひとり作業な点は
現在も同じです。

ただし……
台南では全ての食事が
支給されたわけではありません。
では支給されなかった食事をどうするか?
外に食べに行っていました。
安くて美味しい食事を満喫できたのは
良かったのですが
一緒に滞在していた人達と
仲良くなる必要はありませんでした。
今回(ブラッケンハイム)の滞在では
三食が提供されます。
各自の寝室はありますが
台所は共有です。
加えて
「平日の昼食は皆で」
……というのが基本ルール。
すごい濃い人間関係になります。
それがストレスになりかけた旨は
前述したとおり。

快適故の居心地の悪さ小鳥遊は英語ができません。
それ故に
一緒に暮らしている人達との
コミュニケーションにハンディキャップがあります。
それを逆手にとって
相手の言説を
なるべくシンプルに理解するように
してみました。
そのおかげで現在快適です。

(タイトルにも書きましたが)
快適であるが故に居心地の悪さも抱いています。
現在はずいぶん軽減されましたが。

例え話を使ってご説明しましょう。
クラスで人気者のイケメンに
漠然と憧れているヒロイン。
波乱万丈な展開があった後
突然(ヒロイン本人にとっては)
そのイケメンから告白されたとします。
……少女漫画にありがちな展開です。
このような状況で
スムーズに告白を受けいれて
ハッピーエンドになるでしょうか?
なかなかなりづらいでしょう。

人体には「ホメオスタシス」という
一定の状態を保とうとする作用が働きます。
心も同様。
「そこまで自分がモテるわけではない」
……というセルフイメージから脱却しないと
居心地の悪さから脱却できません。

現在の小鳥遊の心境も似ています。

「絵を描かせてください」

そうホストに頼んで
許可されました。
昨年末からやり取りをしていて
3月に飛行機を予約したのですが
その頃も実現化するか半信半疑。
不安を抱いていませんでした。

いざブラッケンハイムに来て
「絵」を描きはじめます。
(来た当時の気持ちは前述のとおり)
周囲の人たちと少し仲良くなりはじめ
アーティストとして敬意を
払われるようになります。

それだけではありません。
共同生活を一緒にしている人たちが
人生を謳歌しているのです。
昼食後は
ゆっくり食休みを取り
果ては夜に音楽をかけて踊りだしたり。
ここまでの「自由さ」が
平均的な欧米人のものなのか
たまたま
ここに滞在している人独自のものかまでは
判りませんが。

端的にいって
快適です。
慣れていないので
居心地の悪さからも免れられません。

悩んでいたら
ふと思いだしました。
その当時
「誰でもできる(故に時給の低い)」
……アルバイトをしていました。
にも関わらず
仕事の出来の悪さに
あまりに居づらくなって
短期間で辞めてしまったのです。
雇用側もひき止めようとしなかったので
その程度だったのでしょう。

現在の宿泊先から出ていくところまでは
簡単ですが
改めて飛行機を取るにしろ
有料の宿泊先に移るにしろ
経済面を考えると安易には
行動できません。
関根勤氏並みにくどいかもしれませんが
居心地は快適です。

「何も進歩がない」
……と悩む時もあります。
逆に考えるようにしましょう。

・自分の言動によって居心地を
悪くしなかった。
・ホストから嬉しくない指摘を
受けなかった。
・帰国を検討するような大病を
患わなかった。

……等々なかったことを
数えることにしました。
一日経てば
一日分成長を実感できるわけです。

モデルになってもらいました

最後に。
同じ滞在先にいる女性に
小鳥遊の「算数曼荼羅」Tシャツの
モデルになってもらいました。

仲良くなれた証左として
ご紹介。
着ている服はこちら。

*   *   *
Facebook ページ あります。

ぜひ投票をお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村

最後までご笑読いただき
ありがとうございました。
小鳥遊 汐里 拝

Workaway in Wow Tainan

2019/4/24


Takanashi used ANA airplane.


I went workawaying to Tainan at midnight in 3 rd December.
It is my first workaway and I helped Wow Tainan.
And I write about its experience.


It is front of Wow Tainan.


At first, I’ll explain the basic flow of a day.
I stayed in its dormitory .
Basically I was monopolized the large room and it was comfortable.
Morning in Tainan was very early.
I woke up with the sunrise.
I prepared and went out to eat breakfast.
In Tainan, you can choose some places and various dishes
such as meat dishes and fish dishes and so on.


Movie how Takanashi draws


On my way to a restaurant and back to the guesthouse,
I enjoyed sightseeing around the Tainan.
There were new buildings, one the other side ,some traditional temples.
After I returned the guest house I drew my picture on its wall.
The picture is a combination of the original “Mathe Mandala”
and the tourist map around it.
The staff prepared some lunch for volunteers.
One days I ate with other volunteers and other day I ate alone.
When the sun went down and it got dark,
I stopped drawing and cleared up my tools for drawing.
One days I went to eat dinner and other day I didn’t.


This cute girl lives in Tainan subway.


Sure, my working time is very long.
And I must tell you that other volunteers worked shorter than I did.
They worked a few hours per a day.
Why I worked so long ?
The answer is simple because I wanted to finish my work completely.
And I enjoyed .


What Takanashi draws


I have ever drawn pictures on paper.
However, it was the first time to draw on the wall
as well as to draw it in such a large space.
The picture remains permanently.
But the staff was enough kind to leave me to draw the picture on the wall.


It is a temple in Tainan.


One of them gave me some advice.
“It is your space and you can draw it freely.
Because I leave you it.
Sure, it is important how you draw it well and what you draw.
More important thing is your smile. So you should have fun drawing”.
Its words made me very glad.


It is a roof of a temple.


So the first workaway ended with my satisfaction.
If I must seek some failed points in it , I have tried more actively talking
and getting along well with the volunteers and staffs.
I want to do it more in my next workaway.
* * *

I have my Facebook page.



Please click it.

PVアクセスランキング にほんブログ村

Thank to read at all.
By Shiori Takanashi.