手軽にできる「小鳥遊汐里」の作り方

こんばんは。

.

小鳥遊汐里(たかなし・しおり)です。

.

細密画「縁結曼荼羅(えんむすびまんだら)」「算数曼荼羅(さんすうまんだら)」を
描いています。

.

最近は 17LIVE というライブ配信アプリに
ほぼ毎日配信をしています。

.

アカウントは pegascon

.
.

InstagramTwitter のアカウントも持っています。

.

絵を描く過程の動画は YouTube にも公開しています。

.

URL はこちら。

.
.

.
.

◯ 17LIVE を始めて

.

YouTube はこってりソースの乗ったフランス料理。

.

17LIVE は新鮮さがウリのお寿司。

.

ご説明しましょう。

.

YouTube は撮影の後
何回でも編集ができます。

.

対して
ライブ配信のため一切編集のできない
17LIVE では「素材」の欠点を隠すことができません。

.

「素材」の良さを引きだしやすいとも云えます。

.

ここでの「素材」とは
配信の対象となる人の「情熱」や「性格」です。

.

小鳥遊はフォロワーの方々から
「浮世離れしている」
「人間離れしている」
「本当に実在しているのか不安」
……等々の表現をいただくようになりました。

.

彼ら彼女たちにそう感じさせる要素は何でしょう?

.

◯ 「雛見沢村」を知っていますか ?

.

ひぐらしのなく頃に」というゲームがあります。

.

いろいろなジャンルに進出していまして
パチンコ屋さんの広告で見た方も
いらっしゃるかもしれません。

.

「ひぐらしのなく頃に」の書籍はこちら。

.
.

ひぐらしのなく頃に」はゲームも小説も面白いのですが
今回ご紹介したいのは
その舞台「雛見沢村」。

.

原作者のご説明を引用しましょう。

.

昭和58年初夏。
××県鹿骨市。県境にある寒村、雛見沢村。
人口2千に満たないこの村で。

.

子どもの人数の少ない「雛見沢村」では
性別や年齢の壁を超えて遊ぶしかありません。

.

かつて小鳥遊も
「雛見沢村」と似た土地で暮らしていた経験があります。

.

子どもの人数も少なく
性別や年齢の壁を超えて遊んでいました。

.

それだけではありません。

.

テレビもコンビニもインターネットも
もちろんスマホもない情報砂漠でした。

.

そのような土地で幼少期を過ごした小鳥遊は
ある特徴を持つようになりました。

.

娯楽や情報のあふれた昨今では
重要性が増したもの。

.

それは
情報の主観的な価値を判断する鑑識眼。

.

幼少期には多くの人は
無意識のうちに自分の属するグループに
情報の価値観を
あわせているのではないでしょうか。

.

どうやら小鳥遊は例外だったようです。

.

◯ 波紋

.

「自分の属するグループの価値観に準ずる」
……という価値観に染まらなかった小鳥遊。

.

周囲の目を意識しない
自分だけの価値観が育ちました。

.

ここでご説明しました
「雛見沢村」での体験だけで
後の価値観が決まったわけではありません。

.

とはいえ
大きな影響を与えた要素のひとつでは
ありそうですので
ご紹介させていただきました。

.

◯ 写真データ

.

上に使っています写真のデータは
以下のとおり。

.

写真の名前

.
.

撮影者

.
Stocker_jp さん
.

◯ 閉めの挨拶

.

繰りかえします。

.

InstagramTwitter でも情報発信しております。

.

ネットショップ BASE 始めました。

.
.
.

よろしければ
ボタンのクリックもお願いいたします。

.
にほんブログ村 デザインブログ 自作画像へ
にほんブログ村
Facebook ページ もあります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

最後までご笑読いただき
ありがとうございます。
小鳥遊汐里(たかなし・しおり) 拝

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment